古橋文乃ストーリーズ〜流れ星のしっぽ〜

「ぼくたちは勉強ができない」のヒロイン、古橋文乃の創作小説メインのブログです。

その金蘭之契の輝きたるや星に比肩するものである(終編)

✏️卒業式当日。古橋文乃は、自分の恋の一つの節目を、ふたりの友人に報告する。文乃の恋に大きく関わっていたふたりの反応に、文乃は涙するのだった。古橋文乃編✏️

その金蘭之契の輝きたるや星に比肩するものである(後編)

✏️武元うるかの恋。それは、ある女の子の想いにも大きく関わるものだった。卒業式前日、彼女が思い出したこととは?武元うるか編✏️

[x]は彼のひとが迎えたる節目の日を祝福するものである(2021ver)

10月23日に、なりました。さて、何の日でしょうか〜!?知ってる人はお祝いを!🎂知らない人も急いでお祝いの準備をしよう!🎉

その金蘭之契の輝きたるや星に比肩するものである(中編)

✏️卒業式前日。ふたりの友人と、ひとりの想い人のことを、緒方理珠は思い返す。緒方理珠編✏️

その金蘭之契の輝きたるや星に比肩するものである(前編)

✏️一ノ瀬学園は卒業式を控えていた。卒業生になるとある女の子。友人たちに、ある報告をすることを決意していた。その報告にも関わるある男子生徒について、思い返す女性たちもいた。それぞれ何を思うのか。桐須真冬、小美浪あすみ編✏️

[x]は年の瀬にて窹寐思服たる日々に思い耽るものである

✏️古橋文乃は、受験生として、12月を迎えていた。そんなある日、ファミレスにて、とある人物への想いの変化を思い返す。その時にとある会話が聞こえてきて……!?✏️

煕煕攘攘たる祭に[x]は踊るものである(後編)

✏️大盛況の学園祭の中で、迷子を探すために、ひとりで行動していた古橋文乃。そこにとある怪しい影が現れて、危機に陥ってしまうが……!?学園祭三部作、後編!✏️