古橋文乃ストーリーズ〜流れ星のしっぽ〜

「ぼくたちは勉強ができない」のヒロイン、古橋文乃の創作小説メインのブログです。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである⑦

【長いお別れ】唯我成幸の元恋人、水原桜。対決の末、古橋文乃の心の強さにねじ伏せられる。文乃から促され、成幸と桜は再び会って、向き合う。二人はとある約束を交わし……。成幸は、彼を待つ文乃の元へと急ぐのだった。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである⑥

【対決】心を重ねた成幸と文乃。突然その場に現れたのは、成幸の元恋人、桜だった。ふたりは理不尽な要求を突きつけられる。そして、動き始めた都森。成幸は、文乃を手に入れようとする都森と。文乃は、復讐鬼と化した桜と。それぞれ、対決する。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである⑤

【心、重ねて】唯我成幸の家に、突然古橋文乃が現れる。文乃への想いを自覚した成幸は大いに動揺する。文乃から明かされる、彼女の秘めていた想い。そして、ふたりは……?

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである④

【成幸の恋②】高校生の頃のことを母と話す成幸。母は当時の成幸の隠し事に切り込む。そして、古橋文乃と、ある場所で話していて。ついに、成幸は自分の気持ちを自覚する。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである③

【成幸の恋①】古橋文乃への気持ちが変化していく成幸。しかし、文乃との距離は思うように縮まらない。そこに、昔の彼女である水原桜から呼び出しを受ける。そこで投げかけられた言葉に、成幸は驚かざるをえないのだった。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである②

【ふたりの距離】唯我成幸と古橋文乃。とある時間を共有して、ふたりの距離は少しずつ変化しはじめようとしていた。一方、とある人物がその関係に気づいてしまう。その人物が抱いた覚悟とは。

光彩陸離たる星々の行方はただ[x]のみが知るものである①

【再会】唯我成幸は、10年越しにとある人物と再会できるかもしれない機会を得る。彼の運命は、少しずつ、変わろうとしているのだった。